【岩美町】浦富海岸島めぐり遊覧
■岩美町に浦富海岸島めぐり遊覧ができる『山陰松島遊覧株式会社』があります。
島めぐり遊覧船と小型船うらどめ号で白砂青松の美しい砂浜や複雑に入り組んだリアス式海岸など変化に富んだ景観を眺望!
約40分(島めぐり遊覧船)のダイナミック・パノラマ!山陰海岸ジオパークをお楽しみいただけます。

また、山陰松島遊覧螢曄璽爛據璽呼發砲みやげ券がありますので、プリントアウトをして持参すると何かいいただけるかも?

***************************
『山陰松島遊覧株式会社』
【島めぐり遊覧船】
出 航:9:10〜16:10(30分ごとに出稿)
乗船料:中学生以上1,200円、小学生600円
 ※幼児(小学生未満)、大人1名につき1名無料
 ※2人目からは小人料金
期 間:3月〜11月
 ※気象条件により、運休の場合あり。
【小型船うらどめ号】
出 航:9:00〜16:00(1時間おきに運航)
乗船料:中学生以上2,100円、4歳〜小学生1,500円
 ※幼児(4歳未満)、無料(座席無し)
期 間:4月〜10月
 ※気象条件に左右されやすい為、運休の場合あり。
問 合:山陰松島遊覧(0857)73−1212
 鳥取県岩美郡岩美町大谷2182
 http://www.yourun1000.com/index.cgi?contents=top
***************************

        Galleryそら SPACE空
■鳥取市(とっとりし)にある『Galleryそら SPACE空』にブラり☆しました。
2012年4月7日(土)〜5月6日(日)鳥取のまちなかで“鳥取のうつわと食”をテーマとしたイベントが開催されています。食べるの大好き!器を見るのも大好き!…っちゃなワケで2回目の参戦です。今回は、ギャラリーでの器とグルメな器を楽しむ目的で出かけたのでまずはギャラリーでうっとりタイム♪

イベント期間中、『トットリいいものショップ』と題し料理研究家の長尾智子さんがセレクトした鳥取県内の手工芸・食品を展示販売しているんですよ。ステキ空間でステキ器をじっくり楽しみました。はふ〜、“手”で作り出す器の数々あったか〜い。

ギャラリーの方と話をしたのですが『このトットリいいものショップへの来場者は圧倒的に若い方が多いの3.11以降、手仕事の魅力に気づき始めている若者が増加しているらしいけど嬉しいわね』とのこと。鳥取県外の来場者が多いともお聞きしました。ありがたいこってす。

そう言えば、昨日義両親と青谷町にある窯元に出かけたんですが県外ナンバーの車が多かったし若い人多かったな〜。今日も、とっとり今食×うつわ2012のパンフレットを持っている観光客多かったしね。嬉しいことですよね〜♪♪

器に限らず“手仕事”のよさ、あったかさ…いいですね。

**********************
 『Galleryそら SPACE空』
 ・住  所:鳥取市栄町658−2 駅前サンロード
 ・営  業:10:00〜18:00
 ・定休日:不定休
 ・駐車場:なし
       ※近くの有料駐車場をご利用ください。
 ・Galleryそら SPACE空  090−7978−9673 
**********************

  鳥取砂丘 砂の美術館
■2012年4月14日(土)にオープンした『砂の美術館』にブラり☆しました。
第5期展示は“砂で世界旅行イギリス”というテーマだったので楽しみにしていました。イギリスと言えばフィッシュアンドチップですよね。あ〜、また食べに行きたいですわ(笑)
  鳥取砂丘 砂の美術館
■鳥取県と言えば“鳥取砂丘”をイメージする人が多いでないですか?
『砂の美術館』は、砂を使った“砂像”を展示する美術館なんですにぃ。美術館近くに鳥取砂丘もあるのでいかにも的でいいですよね。もしかして、砂の彫刻の美術館って日本でここだけじゃないかな?
  鳥取砂丘 砂の美術館
■第1〜4期までは特設テントでの展示でしたが、第5期からは新設した美術館内での展示です。本当に新設だよね?歩いたときに床がベコンってなったのは…yurihamakoのせい?(笑)と思ったらyurihamako以外にもベコンやらかしてる人を見てホッ。
  鳥取砂丘 砂の美術館
■ぎゃ〜!イギリス来ちゃったよ!素晴らしい砂像の数々に圧倒される〜!砂像展示エリアには、1階・2階とあるので2階から美術館内の写真を撮りました。これ、全部“砂”で出来とるだ〜よ〜!
  鳥取砂丘 砂の美術館
■ロンドン塔。テムズ河畔にある中世の城塞。
エリザベス祇い眤┛未垢訌阿僕閉されたことがあり、監獄及び処刑場としても有名なんだって。
  鳥取砂丘 砂の美術館
■エリザベス鏡い版麓屐
        鳥取砂丘 砂の美術館
■ロンドンの観光名物となっている衛兵パレード。これを見てキットカットだ!と思ったのはyurihamakoだけかしら?
  鳥取砂丘 砂の美術館
■『ロミオとジュリエット』、『ハムレット』などの作品により最も優れた英文学作家として有名なシェイクスピア。本当に砂で出来とるだか?と思うぐらい細かい彫刻で見入っちゃいます。
  鳥取砂丘 砂の美術館
■賑やかな声が聞こえてきそう〜♪もしかして、パブの様子かな?
  鳥取砂丘 砂の美術館
■ブラックキャブと呼ばれるタクシーにポリスメン。その前の2人は某魔法学校の子じゃね?(笑)パンフレットや説明パネルには書かれていなかったけど遊び心があって面白いな〜。
  鳥取砂丘 砂の美術館
■1番目を引いてドキドキ緊張したエリザベス祇い叛簑于政。
写真を撮ろうとカメラを向けるとエリザベス祇い『何写真撮ってんのよ』みたいな感じに受けてドキドキ。ピリっとした緊張感がありました。
  鳥取砂丘 砂の美術館
■建物の中から体を出してるオバチャン小さッ!
いや〜、ず〜〜っと見とって飽きん!細かい彫刻だけ色んな発見があるだが!ツアーの皆さん『砂でこんな作品ができるのね』、『すごい』と限られた時間ながらもじっくり楽しまれてました。嬉しいですね。また、スタッフの皆さんの対応とガイドも素晴らしくて勉強になったし出かけてよかったデス。
問題は、駐車場か…(遠い目)平日でも満車だったので皆さん気合を入れて来てごしないYO!ちょっと歩くけど別に駐車場もありますよ。

*************************
 『砂の美術館』
 ・住  所:鳥取市福部町湯山2083−17
 ・期  間:2012年4月14日(土)〜2013年1月6日(日)
 ・開  館:9:00〜20:00
 ・料  金:大人600円、小中高校生300円
 ・定休日:展示替期間中
 ・駐車場:あり
 ・砂の美術館 (0857)20−2231
*************************

浦富海岸島めぐり遊覧
▲岩美町(いわみちょう)にある浦富海岸にブラり☆しました。せっかく来たんだからジオパークを楽しもう!と山陰松島遊覧に乗船することにしました。
    浦富海岸島めぐり遊覧
▲名物のイカぐるぐる!今日もグルグルまわってま〜〜す!!
浦富海岸島めぐり遊覧
▲今年からでしたっけ?小型船『うらどめ号』が出航して水中観察ができたり島めぐりコースも迫力ある感じで遊覧船より楽しそうだったので迷いましたが、まずは遊覧船デビューということで約40分のダイナミック・パノラマに出発進行!
    浦富海岸島めぐり遊覧
▲鳥の糞で白くなっちゃったんだって!

▲島の中にはいくつか洞窟があったんですが、イタリアにあるカプリ島みたいに洞窟内でブルーを見ることができるんでしょうか?見れるとしたらうっとりステキだな〜♪
浦富海岸島めぐり遊覧
▲あぁ、おにぎりみたいな形だな。お腹減った(笑)
浦富海岸島めぐり遊覧
▲口みたいだな。島の声でも聞こえてきそう〜。
浦富海岸島めぐり遊覧
▲うわ〜!船の上から見ても分かるほどキレイなブルー!あとね、透明度が高いって言うのかいな?下の方まで見れるとこもあって見入っちゃった♪
浦富海岸島めぐり遊覧
▲遊歩道散策を楽しんでる人を見かけたんで『お〜い!』と手を振ると手を振り返してくれた〜!こういうやりとり好きです。もちろん、すれ違う遊覧船にも手を振り…テンション上がって漁師さんにも手を振る始末(笑)
浦富海岸島めぐり遊覧
▲島とは反対側を見ると海は♪広いな♪大きいな♪ブルーが広がってたよ。
浦富海岸島めぐり遊覧
▲小島3兄弟(*▽*)
    浦富海岸島めぐり遊覧
▲遠くだったけど鳥取砂丘が見れたよ〜!!
浦富海岸島めぐり遊覧
▲山陰松島遊覧螢曄璽爛據璽呼發砲みやげ券があるのでプリントアウトして持って行ったんですが、ほら!ほら!おいしいお土産をいただきました♪どじょ〜すくいモンジュ〜♪(フランス語風)お出かけ前にチェックしてみてね。ステキなブルーをありがとう!

**************************
『山陰松島遊覧株式会社』
■出  航:午前9時10分〜午後4時10分(30分ごとに出航)
■乗船料:遊覧船大人1,200円、小人600円
■期  間:3月1日〜11月末
■交  通:MAP
山陰松島遊覧(0857)73−1212
***************************

aoya
■こんにちわ♪久しぶりに鳥取県東部にドライブしました(*▽*)//
そういえば、青谷町ってブラり☆したことないよな〜と思ったので『あおや和紙工房』にブラり☆しました。山陰道青谷羽合道路を降りて約10分…あれ?まだだよな?と不安になりながらも車を進めると自然に囲まれた中に『あおや和紙工房』がありました。中では、和紙体験をしている人、展示を楽しんでいる人と結構多かったです。yurihamakoも展示を楽しみましたよ♪♪のんびりして本当にいいところだな〜と思いました。皆さんも是非!ブラり☆してみてくださいね。

営  業 午前9時〜午後5時

定休日 月曜日(祝祭日の場合、翌日休館)
       ※12月29日〜1月3日

入館料 通常時:大人(高校生以上)100円、小人(小中学生)50円
       企画展示時:大人(高校生以上)300円、小人(小中学生)150円

アクセス JR青谷駅から車で約10分(地図)

駐車場 あり

あおや和紙工房 (0857)86−6060

にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
※もしよろしければポチ☆っとなヨロシクお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 
人気blogランキングへ


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

●ランキング参加●

●アクセスありがとう●

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM